妊活記録 「これをすれば妊娠します!」っていうのは全部、個別事象であって全体にあてはまることじゃないんです

巷には、

「これを飲んだら妊娠しました!」

「これを食べ続けたら妊娠しました!」

「これを身に着けていたら妊娠しました!」

なんていうプロモーションが行われているものが、山のようにあります。

 

何を隠そうこの私も、そのいくつか(というより片っ端から)を購入して試し、

これがダメなら次!これでもダメなら次!

と、手を変え品を変えトライしていたタイプなので、

こんなことを言うのははばかられますけど、

ま、だからこそ言います。

 

そんなのは全部、個別事象です。

 

あの人はこれで妊娠したかもしれないけど、

私が、そしてあなたが、同じようになるとは限りません。

 

そもそも「あの人」も、これで妊娠できたんだよーなんて言っていますが、

妊娠に直接効果的なものなんて、

ありません。

 

いろんな条件がそろって、初めて妊娠するのですから、

ある一つのことが妊娠に直接結びついたなんて言っている人がいたら、

そんな根拠のないこと言わないで、おかしいよ

と、言ってあげましょう。

 

ただ、だからと言って、

そんなもの個別事象だ!試す価値なんてない!

と、言っているわけではありません。

 

母体となる体がしっかり健康であることは、

妊娠に必要な条件の中でもかなり重要度が高いと思われます。

だから、サプリでもお茶でも続けてみる価値はあるわけです。

 

直接的な効果がわからないんだったら、効果がないとも言い切れません。

そういうことです。

 

ただそこで、妊娠に効果がある!と強く思っていると、

いざ授かれないときに、

その製品はダメだ!

と、自分の精神が安定しないので、

体内環境を整えるため

とか

肌をきれいにするため

とか

風邪をひかないようにするため

とか、別の目的も持っていると、気持ちが楽です。

 

妊活中は、生活のすべてが「妊娠のため」となりがちです。

そうなることは否定しません。

全然いいんですけど、

もしその前のめりの姿勢に疲れた瞬間があったら、

是非、

「自分のために」やっている

と気持ちを切り替えてみてください。

下がったモチベーションが少しあがって、継続しやすくなりますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加