保活記録「板橋仲町どろんこ保育園」の一時保育を利用しています

生後5か月半にして、板橋仲町どろんこ保育園の一時保育を利用させてもらいました。

家の近くで一時保育が利用できるのはこちらの保育園のみ。

10月から少しずつ仕事復帰したい私。この一時保育を利用させてもらって、4月の本格復帰までリハビリをしようと考えていました。

 

ただ、保育士さんに、

「突然長時間預けてしまうと、お子さんも負担が大きいので、慣れ保育じゃないですが、事前に短時間で預けていただくと、お子さんも少し慣れてくれるかもしれません。」

とアドバイスをいただいたので、自主慣れ保育を実施したところです。

いよいよ明日が長時間の保育になるので、ドキドキ。どうなることやらです。

 

それでは、本題に。

 

まず、一時保育を利用する前に面談がありました。必要書類への記入(名前・住所などの基本情報、ワクチン接種の有無、子供の様子など)後、子供の様子を詳しくお伝えする場です。

これは最初の一回のみ。

 

その後、予約システムのIDとパスワードが発行されますので、各日の予約はWeb上で取ります。前月の21日から次の月の予約ができるそうです。

実際予約は非常に簡単で、何も迷いなく操作できます。もちろんスマホからでも操作可能。変更、キャンセルもWebからできますので、とても便利です。

 

前日、持ち物を用意するのですが、特別なものは必要なく、オムツや着替え、ミルクなど、普段お出かけするときの準備となんら変わりません。

 

そして当日は時間に登園して、玄関で保育士さんに子供と荷物を預け、終了です。

 

精算はお迎え時。こちらの保育園は利用料が800円/時間です。予約は30分単位でできますが、料金は1時間単位です。2.5時間預けた場合は3時間の料金になります。

板橋区の「すくすくカード」も使えますので、余っている方は1時間1枚で使えますよ。

 

さて、まめおくんですが、まだ人見知りも始まっていないからか、預けるときはスムーズ。後追いもしませんでした。

ただ、1回目はたくさんの園児たちにわーっと囲まれてびっくり泣きをしたそうで、汗びっしょりでしばらく泣いていたそうです。

2回目も場所見知りをしたのか、最初はしばらく泣いていたとのこと。

ただ、1回目、2回目ともに、時間が経つと慣れてきて笑顔が見れたとの報告が。

これはまあまあ優秀な方では?

親である私も、胸をなでおろしました。き、きっと保育士さんは泣かれると大変だと思うのですが・・・。

いずれも、家に着いたとたんに爆睡していました。まあ、そうですよね。疲れますよね。

 

預けたら私がさびしいのかなあとか、後ろ髪引かれるのかなあ、とか思っていましたが、私はその時間に、ここぞとばかりに仕事や予定を入れていたので意外と平気でした。

後追いされなかったですし、保育園での様子も思ったより良かったようなので、それもあるでしょうね。

これが、思いっきり泣いて追いかけられたり、ずっと泣いてましたとか言われたら、ごめんねー!と思っちゃうはずです・・・。

今はまだ5か月で、どこに連れてこられたか、わけがわかっていませんし。

これから予約がとれれば、週に一度は預けようと思っているので、人見知りをして泣きわめくようになるのか、はたまた慣れて順調に預けられるのか、どちらに転ぶか、ワクワクドキドキの母であります。

 

それにしても、一時保育、とても良いです。

私のようにがっつり丸一日じゃなくとも、ちょっとだけランチに行きたいとか、ちょっとだけ美容院に行きたい、ちょっとだけ習い事に行きたい、なんていうときはぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

土日にパパが見てくれるから、というママもいるかも知れませんが、平日の方がいろいろとすいていますし、動きやすいと思いますよ。

そして、パパよりも保育士さんの方が信用できる、かも?(うちだけ?)

毎日24時間、必死にお子さんと向き合ってるんですから、1か月に1回、はたまた2か月に1回、こういったサービスを使用したって誰も文句を言いませんよ。お子さんだって、ちょっと変わった環境で刺激を受けるのも、脳にいいはず!

是非、うしろめたさを感じずに、一歩踏み出してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加