産後5ヵ月24日目 区の離乳食講習会に行ってきました

今日は区の離乳食講習会に行ってきました。

板橋区では生後4か月~8か月くらいまでの子供のお母さんを対象に無料で実施されています。保育サービスもあって、子供は同じ建物内で保育士さんが見ててくれます。ちなみに私は、申し込むのが3週間前と遅かったので保育サービスはもういっぱいでした。義実家に預けて行ってきましたよ。

 

まず、講習会に参加した時期ですが、私的にナイスタイミングでした。というより、ただ単に申し込むのが遅かっただけなのですが・・・結果オーライになりました。

離乳食を始めて1か月経ったタイミングで、ちょうど、うまく進められているのか自信がなくなってきたところだったのです。

まめおは食べているというより「なめている」という感じだし、全然もぐもぐしないし、あげている最中にミルクをくれと泣き始めるし。

離乳食そのものも、本やWebサイトなど、いろんなものを参考に作ってみたものの、かたさや粒度がいまいち写真ではわからなくて、これでいいのかなあと半信半疑であげていたり。

1か月経っていたからこそ疑問点がたくさんあったので、それを解消するための有益な受講にすることができました。

たぶん、始めていなかったら右から左に聞き流していたことも、しっかりメモを取ることができましたしね。

 

では、実際の講習会について。

 

私はとにかく、ワンポイントアドバイス的なところがとても参考になりました。

・魚などのもさもさしたものはだし汁と片栗粉でとろみをつけて食べさせる。
・甘いもの(かぼちゃやさつまいも)を早い段階であげてしまうと、それ以外の野菜を食べなくなることもあるので、先に味があまり濃くない野菜をあげるとよい。
・白身魚は刺身で売っているものを利用すると楽。(鯛やヒラメなど)
・小麦粉初チャレンジは、パンよりも麩がおススメ。(他の食材の混入が少ないから)

5~6か月の離乳食のポイントで印象に残っているのがこんなところでした。

 

さらに、疑問に思っていたことについても解決しましたよ。

Q. ほんだし(化学調味料)って使っていいの?
A. 離乳食の間はNGです。昆布で出汁を取りましょう。とった出汁は製氷皿に小分けにして冷凍しておくと便利です。

Q. 食べさせるとき、うわくちびるで擦り切るように食べさせていいの?
A. だめです。スプーンを平行に抜きましょう。

Q. 全然もぐもぐしないんですけど・・・
A. 5~6か月ごろは下を前後にしか動かせません。食べ物を奥に移動させて飲みこむ練習をしているので、もぐもぐするのはもう少し月齢が大きくなってからです。ごっくんができていれば大丈夫です。

Q. 授乳のタイミングだとお腹がすきすぎて泣いてしまい、離乳食どころじゃなくなります・・・
A. 離乳食をあげるタイミングは、本格的にお腹がすく30分くらい前にチャレンジしてみてはどうでしょうか。それでもだめなら、少しミルクをあげて落ち着かせてから離乳食をあげてもかまいません。

文字で書けるところでのQAはこんなところです。

 

さらに私は、いつごろどのくらいの粒度のものを食べさせればよいかいまいちわからなかったので、実習で実物を見て、つぶつぶ感を確認できたのがとにかく良かったです。

これは、離乳食始めていないママさん達は、たぶんピンとこないというか、見て分かった気になるところだと思うのですが、私は自分が作っているものと比較できたので、「あ、私が作ってるのよりもさらっとしてる!」という気付きを得られましたよ。

 

ほんと、講習会と名のつくものは全て、受講する前に自己流でいろいろやってみてから行くと吸収量が倍ぐらいになります。

 

そして最後に、意外と心に残ったのは、

「お母さんが ”食べさせなきゃ” という気持ちであげていると、赤ちゃんは食べてくれません。赤ちゃんの様子を観察しながら、”楽しいよ、おいしいよ” と楽しくあげてみてください。決して無理に口に押し込むことはしない。赤ちゃんも準備ができたら必ず食べてくれますから、少しずつでも続けてみることが重要です。」

という言葉。

 

決して無理強いしているつもりはなかったけど、いまいち食いつきが悪いまめおを抱きながら

「今日も食べないのかなあ。」

という気持ちであげていたり、もう嫌そうな顔をしているのに

「もう一口いってみよう!」

とちょっとだけ無理に食べさせようとしたことをふと思い出し、我に返りました。

 

あまり非科学的なことは信じない私ですが、それでも、母親の心情が思ったよりも子供に伝わるということは、自分の経験上感じていることなので、反省した次第です。

ごめんよ、まめおくん。

 

総じて、モチベーションが下がっていた私を、ぐんとやる気にさせてくれた講習会でした。大満足。

 

是非、第一子を迎えたママさんたちは、面倒くさがらず受講してみてください。

第二子以降のお子さんがいるママに聞くと、

「離乳食なんて2人目からはテキトーよー。」

なんて言いますが、それは基本を押さえた上での「テキトー」ですから、全く初めてのママさんが自己流で「テキトー」をやるのとは、わけが違うと思うんですよね。

惑わされてはいけません。

 

食は命をつくるものです。

その第一歩である離乳食の基本を押さえるために、プロの指導を仰ぐことでより効率的に知識を得られると思います。おススメですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加